トレンドクルーズ利用約款

  • HOME »
  • トレンドクルーズ利用約款

第1章 総則

第1条(本利用約款の目的)トレンドクルーズ利用約款(以下、「本利用約款」という。)は、ジーフィット株式会社(以下、「当社」という。)が提供するトレンドクルーズ(以下、「本サービス」という。)の利用条件について定めることを目的とします。トレンドクルーズは、ウィンインベストジャパン株式会社が提供する売買シグナルを、ジーフィット株式会社が提供するシストレクラウドで運用するサービスです。

第2章 利用契約の成立

第2条(申込の方法) 1. 本サービスの申込者は、当社のウェブサイト上の申込フォームのすべての項目を漏れなく入力したうえ、画面に表示される手順に従って送信の操作を行う方法により本サービスの申込を行うものとします。

2.本サービスの申込に際しては、本利用約款のすべての内容を確認してください。当社は、本サービスの申込があった場合には、本サービスの申込者が本利用約款に同意したものとみなします。

3条(利用契約の成立) 1. 本サービスの利用契約(以下、「利用契約」という。)は、当社がお客さまの申込に対して承諾の意思表示を行ったとき(以下、「契約成立時」という。)に成立するものとします。

2. 当社は、本サービスの申込者について次の各号に掲げるいずれかの事由があるときは、本サービスの申込に対して承諾を行わないことがあります。 (1) 本利用約款又は本規約に違背して本サービスを利用することが明らかに予想される場合。 (2) 当社に対して負担する債務の履行について現に遅滞が生じている場合又は過去において遅滞の生じたことがある場合。 (3) 本サービスの申込に際して当社に対し虚偽の事実を申告した場合。 (4) 申込の際に未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人であって、自らの行為によって確定的に本サービスの申込を行う行為能力を欠き、法定代理人その他の同意権者の同意又は追認がない場合。 (5) 第28条第1項に定める反社会的勢力に該当する場合。 (6) 前各号に定める場合のほか、当社が業務を行ううえで支障がある場合又は支障の生じる恐れがある場合。

第3章 本サービスの内容

第4条(基本サービス) 1. 本サービスは、コンピューティングリソース及びネットワーク(以下、「基盤システム」という。)を利用して構築したお客様専用の区画(以下、「ユーザー区画」という)で、システムトレードアプリケーション(以下、「シストレアプリ」という)の運用を提供するサービスです。

2. 当社は、お客さまから特に申し出があったときは、当社が別に定めるオプションサービスを前項の基本サービスに付加して提供します。オプションサービスを利用するお客さまは、本利用約款のほか、当該オプションサービスに関する規則についても遵守してください。

3. 当社は、機能の追加、拡張、変更又は削除等、本サービスの内容を変更することがあります。

第5条(サポート) 本サービスに関するサポートの範囲、時間、方法等については、当社が別に定めるサポートポリシー(標準サポート)に従うものとします。

第6条(ログの非公開) 当社は、当社がお客さまに提供するシストレアプリの動作状況の記録(ログ)の内容をお客さまに知らせるサービスを提供しません。

第4章 お客さまの義務

第7条(禁止行為) 1. お客さまは、本サービスを利用して、次の各号に掲げる行為を行い、又は第三者にこれを行わせてはいけません。 (1) 法令又は公序良俗に反する行為。 (2) 犯罪行為又は犯罪行為に結びつく恐れのある行為。 (3) 当社若しくは第三者の商標権、著作権等の知的財産権を侵害する行為又は侵害する恐れのある行為。 (4) 第三者のプライバシーを侵害する行為又は侵害する恐れのある行為。 (5) スパムメールの発信の禁止等、インターネットの参加者の間において確立している慣習に反する行為。 (6) 事実に反する情報又はその恐れのある情報を提供する行為。 (7) 当社若しくは第三者の設備に過大な負荷を与える行為。  (8) 前各号に掲げるほか当社が不適切と判断する行為。

2. 当社は、お客さまが前項の禁止行為を行い、又は第三者に行わせているときは、直ちに無催告で本サービスの提供を停止することができるものとします。

第8条(ID等の管理) 1. 当社は、本サービスで提供するシストレアプリの管理画面にアクセスするために必要なユーザーID及びパスワード(以下、「ID等」という。)をお客さまに対して発行します。

2. お客さまは、ID等を善良な管理者の注意をもって適切に管理し、これらが他に漏れないように注意を尽くさなければなりません。

3. 当社は、当社のシストレアプリの管理画面にアクセスしようとする者に対してID等の入力を求めることによってその者のアクセスの権限の有無を確かめる場合には、正しいID等を構成する文字列と入力されたID等を構成する文字列が一致するときは、その者にアクセスの権限があるものとして取り扱います。

4. お客さまは、ID等の適切な管理を欠いたために当社に損害が生じたときは、これを賠償する責任を負います。

第9条(契約上の地位の処分の禁止等) 1. お客さまは、当社の承諾がない限り、本利用約款にもとづくお客さまの地位、権利又は義務について、これを第三者に譲渡し、又は担保に供することができません。

第10条(変更の届出) 1. 本サービスの申込の際に当社に知らせた事項について変更があったときは、当社が別に定める方式に従って、 変更の内容を速やかに当社に届け出てください。

2. 当社は、前項の届出が当社に到達し、かつ、当社が変更の事実を確認するまでは、変更のないものとして本サービスの提供及び本サービスに関するその他の事務を行います。

3. 前2項の規定は、本条により当社に届け出た事項についてさらに変更があった場合にこれを準用します。

4. 第1項及び第2項の規定は、相続又は合併により本利用約款にもとづくお客さまの地位の承継があった場合にこれを準用します。この場合には、本利用約款にもとづくお客さまの地位を承継した方が、本条に定める変更の届出を行ってください。

第5章 本サービスの停止等

第11条(本サービスの提供の停止) 1. 当社は、お客さまが本利用約款の規定に違反する行為を行っているとき又は本サービスの提供のために緊急の必要があるときは、直ちに無催告で本サービスの提供を停止することができるものとします。

2. お客さまは、前項により当社が本サービスの提供を停止した場合であっても、利用料金の支払義務を免れず、又はすでに支払った利用料金の償還を受けることはできません。

第12条(本サービスの廃止) 1. 当社は、お客さまに対して現に提供している本サービスの全部又は一部を廃止することがあります。

2. 当社は、前項に定める本サービスの廃止を行う場合には、その1カ月前までにその旨をお客さまに通知します。

第13条(本サービスの利用不能) 1. お客さまは、当社の設備の保守、電気通信の障害や遅延、当社の設備内のソフトウェアの瑕疵その他の事由により本サービスを利用することができない事態が生じうるものであることを了承するものとします。

2. お客さまは、コンピューターウイルス又はセキュリティの欠陥等のために基盤システムに保存されているデータ等が滅失若しくは損傷し、又はこれが改変される事態が生じうるものであることを了承するものとします。

第6章 免責

第14条(不可抗力) 当社は、天災、疫病の蔓延、悪意の第三者による妨害行為又は本サービスの提供に際して当社が利用する電気通信事業者の設備の故障等、当社に責任のない事由により、お客さまが本サービスを利用することができなくなった場合であっても、これによりお客さまに生じた損害について、一切の責任を負いません。

第15条(第三者からの攻撃) 当社は、本サービスがDDos攻撃等、第三者による攻撃を受けた場合には、お客さまに 事前に通知することなく、シストレアプリの停止、ネットワークの切断、その他必要な措置を取ることがあります。 この場合、当社の措置によりお客さまに生じた損害について、当社は一切の責任を負いません。

第16条(免責) 当社は、第23条に定める場合を除き、本サービスに関していかなる保証も行わず、シストレアプリの停止、シストレアプリ管理画面への接続不能・遅延又は基盤システムに蓄積若しくは保存されたデータ等の滅失、損傷、漏えい、その他本サービスに関連して生じた損害について、データ等の復旧、損害の賠償その他一切の責任を負いません。

第7章 料金

第17条(料金の支払) 1. お客さまは、本サービスの利用の対価として、サービス利用料金を当社に支払うものとします。当社は、サービス利用料金について、当社のウェブサイトへの掲載等、適当な方法でこれをお客さまに知らせます。

2.当社は、社会状況、経済情勢の変化、サービス提供上の技術的な要請その他の事情にもとづき、前項のサービス利用料金を改定することがあります。当社は、改定されたサービス利用料金について、当社のウェブサイトへの掲載等、適当な方法でこれをお客さまに知らせます。

3. 本サービスの利用及びその料金の支払に際して生じる公租公課、銀行振込手数料その他の費用については、お客さまがこれを負担するものとします。

第18条(料金の支払方法) 本サービスの利用料金は、本サービスが提携する金融機関の取引口座から引き落としを行います。

第19条(料金の支払時期) 1. 本サービスの利用料金は、当月末日(末日が休日に当たり場合は、直前の営業日)に引き落としを行います。2. 口座残高の不足などにより、本サービス利用料金の引き落としが出来ない場合には、本サービスを停止いたします。

第20条(早期の解除の場合の料金の返金) 1. 本サービスについてお客さまが満足することができなかった場合には、当社は、本条の定めるところに従って料金の一部を返金します。

2. 当社は、お客さまが第22条第3項にもとづいて当社の定める方式に従って本サービスの解除を行い、その解除の通知が本サービスの契約成立時から起算して10日を経過するまでに当社に到達したときは、同条第1項の規定に関わらず、当月の利用料金を返金いたします。オプションサービス利用料金のうち、当社が別に定めるものについては、この限りではありません。

3. 本条は、一度でも本条にもとづく返金を受けたことがあるお客さまについては適用されません。

第21条(シストレアプリの利用不能の際の料金の返金) 1. 当社は、その責めに帰すべき事由により基盤システムに障害が発生し、これによりシストレアプリが稼動しなかった場合において、次の計算式により算出されるシストレアプリの稼働率が99.5%未満となったときには、お客さまに次項に定める金額を返金します。シストレアプリの稼働とは、ユーザー区画においてシストレアプリが起動し、お客様の指示によりシストレが実行できる状態とします。なお、シストレアプリ管理画面の 障害については、本条の対象となりません。 稼働率 = (1 - 基盤システムの障害によりシストレアプリが稼動しなかった時間/当月の総時間(※))× 100 ※ 第3項に定める起算点を含む暦月より、当社が事前に定めるメンテナンス時間を除外した時間の総合計。

2. 前項の返金額は、障害が発生した基盤システム上に構築されたシストレアプリにおける基本サービスの当月分の月額利用料金の20%に相当する金額とします。

3. 第1項のシストレアプリが稼動しなかった時間は、次の各号のいずれかの時点から起算するものとします。 (1) お客さまが当社に対して障害が発生している旨を通知し、当社が障害の事実を確認した時。 (2) 当社が障害の事実を確認し、これをお客さまに通知した時。

4. 当社は、当月分以降の月額利用料金から返金額を減じる方法又は当社が別に定める方法により、第1項の返金を行います。

5. 本条に定める返金は、シストレアプリの利用不能が生じた際にその事実を直ちに当社に通知したお客さまについてのみ、これを行います。

6. シストレアプリの稼動しなかった原因が次の各号に掲げるいずれかの事由によるものであった場合には、本条 は適用されないものとします。 (1) 本サービスを提供するための設備について保守等の作業を行ったこと。 (2) 天災、疫病の蔓延、悪意の第三者による妨害行為が行われたこと。 (3) 当社が本サービスを提供するに際して利用する電気通信事業者等の設備に障害が発生したこと。 (4) 当社のネットワークに接続するための回線に障害が生じたこと。 (5) 当社が本サービスを提供するために利用する第三者のソフトウェア、機器等に瑕疵があったこと。 (6) 当社の管理外にある設備等に障害が生じたこと。 (8) お客さまが本件利用約款の定める義務に違背する行為その他の行為を行ったこと。(9)その他当社の責めに帰すべき事由によらない障害。

7. 当社が第22条にもとづきお客さまに対して損害賠償責任を負う場合には、本条は適用されないものとしま す。

第8章 本サービスの更新及び終了等

第22条(利用期間及び更新) 1. 第2条によりお客さまが選んだ利用期間をもって、本サービスの利用期間とします。

2. 前項の利用期間は、契約成立時から起算するものとします。

3. 利用期間の満了日の3営業日前(金融機関の休日は除いて数える。)までに当社又はお客さまから相手方に対して 本サービスの更新を拒絶する旨の通知がない限り、本サービスは同一内容で前項と同一の利用期間をもって更新されるものとします。更新された本サービスの利用期間が満了する場合も同様とします。

第23条(お客さまの行う解除) 1. お客さまは、残利用期間分の利用料金に相当する金額を違約金として当社に支払うことによって、いつでも 本サービスの解除を行うことができます。

2. 前項の解除権を行使する場合には、当社の定める方式に従って当社に対して解除の通知を行わなければなりません。当社の定める方式に従わない場合には、解除の効果は生じません。

第24条(当社の行う解除) 1. 当社は、お客さまについて次の各号に掲げるいずれかの事由があるときは、直ちに無催告で本サービスの解除を行うことができるものとします。 (1) 本利用約款又は本規約の定める義務に違背した場合。 (2) 破産手続その他の倒産手続の申立が行われた場合。 (3) 当社に対し虚偽の事実を申告した場合。 (4) 前各号に定める場合のほか、当社が業務を行ううえで重大な支障がある場合又は重大な支障の生じる恐れ がある場合。

2. 当社は、本条に定める解除を行った場合であっても、そのお客さまに対する損害賠償請求権を失わないものとします。

第25条(ユーザー区画等の削除) 当社は、本サービスが利用期間の満了又は解除により終了した場合には、ユーザー区画及びデータ等(以下、「ユーザー区画等」という。)の削除を行います。ユーザー区画等の削除によりシストレアプリ等の滅失その他の損害が生じた場合であっても、当社は、お客さま又は第三者に対しユーザー区画等の復旧、損害の賠償その他一切の責任を負いません。

第9章 その他

第26条(反社会的勢力の排除) 1. 当社及びお客さまは、現在及び将来にわたって、自己又は自己の役職員が暴力団、暴力団の構成員、暴力団 関係企業、その他の反社会的勢力(本利用約款において、「反社会的勢力」という。)でないことを表明し、保証するものとします。

2. 当社及びお客さまは、暴力的又は脅迫的な要求行為、法的な責任を超えた不当な要求行為、その他これらに 準ずる行為を行わず、又は第三者をして行わせしめないことを表明し、保証するものとします。

3. 当社及びお客さまは、相手方が前2項に定める表明保証に反した場合は、将来に向かって直ちに利用契約を解除できるものとします。

第27条(紛争の解決のための努力) 本サービスに関して紛争が生じたときは、各当事者は、相互の協力の精神にもとづき誠実に解決のための努力をするものとします。

第28条(準拠法及び裁判管轄) 1. 本利用約款の準拠法は、日本国の法令とします。

2. 本利用約款に関する訴えについては、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所 とします。

第29条(本利用約款の改定) 当社は、実施する日を定めて本利用約款の内容を改定することがあります。その場合には、本利用約款の内容は、 その実施の日から、改定された内容に従って変更されるものとします。

附則(2017年10月1日実施) 本利用約款は、2017年10月1日から実施します。

 

 

PAGETOP