[FAQ]シストレクラウドについて

  • HOME »
  • [FAQ]シストレクラウドについて

1. シストレクラウドについて

「シストレクラウド」のメリットは何ですか?

自動売買ロジック(EA)をシストレクラウドに預けるだけで、システムトレードを利用することができます。ご自身でEAの設定や24時間の運用監視をする必要はありません。パソコンがあまり得意でない方も気軽にシストレがご利用いただけます。

シストレアプリ(MT4)が停止した場合には、自動的に再起動を行い、ウィンドウズのセキュリティにも当社が対応するなど、システムの運用については全てシストレクラウドが対応します。お客様は自動売買ロジックの取引に注力することができます。

また、シストレクラウドを利用するとスマホだけで操作ができます。外出先からでも自動売買ロジック(EA)を停止・起動したり、パラメータを変更することができます。旅行中に大きなイベントが発生した場合にも、スマホから自動売買ロジックを停止することが出来るのでとても便利です。

そして、月額1,080円 (1EAの場合、税込み標準価格)とVPSよりもお得な価格設定です。簡単で便利でお得な「シストレクラウド」をぜひご利用ください。

パソコンがあまり得意でありませんが、「シストレクラウド」をつかえますか?

どなたでも気軽にご利用いただけます。
操作については、<シストレクラウドマニュアル>をご確認ください。

VPSとの違いは何ですか?

VPS(Virtual Private Server)は、「インターネット(クラウド)にあるパソコン」です。パソコンですので、自分でシステム設定を変更したり、アプリをインストールして使うことができます。VPSは自由度が高いのが特長です。VPSでシストレを始めるためには、自分でシストレアプリ(MT4)、自動売買ロジック(EA)を導入・設定する必要があります。VPSはMT4や相場の動きを解析したり、たくさんの自動売買ロジック(EA)を並行的に利用するシストレ上級者向けの環境だと考えることができると思います。

これに対しシストレクラウドは、「シストレアプリの運用サービス」です。シストレクラウドが、シストレアプリ(MT4)、自動売買ロジック(EA)の設定や運用監視を行います。お客様は、スマホからシストレクラウド管理画面のボタンを操作するだけで、シストレを利用(開始/停止)することができます。シストレクラウドは、シストレ初級者から中級者向けの環境だと考えるとよいと思います。

  VPS シストレクラウド
MT4の導入、設定 △(お客様がインストール、設定。業者によってはMT4の導入あり) ○(シストレクラウドがインストール、設定)
EAの導入、設定 △(お客様がインストール、設定) ○(シストレクラウドがインストール、設定)
スマホからの操作 ×(ほぼ利用できない) ○(メニュー画面から、EAの停止、起動などが可能)
パラメータ変更 (お客様が設定変更) △(お客様の依頼によりシストレクラウドが設定変更)
バックテスト △(お客様が実行可能) ×(対応なし)

凡例:
○: サービスとして提供、お客様の作業は不要。
△: お客様の依頼による作業、またはお客様ご自身が作業。
×: 対応がない、または出来ない。

停電などの場合はどうされていますか?

シストレクラウドは、信頼性の高い日本のデータセンター事業者の設備を利用していますので、停電が発生する可能性はほぼありません。日本国内のデータセンターでは、電力系統は二重化に加え、バックアップの発電装置が用意されていますので、停電することはほぼ無いと考えることができます。

シストレクラウドの障害発生時の対処や、保証を教えてください。

シストレクラウドはサーバー上で稼働しています。一般的なPCと比べると障害の発生率は極めて低いと考えられますが、障害が発生する可能性はあります。

シストレクラウドは、お預かりしたお客様のMT4/EAの稼働状況を24時間監視しており、MT4が停止した場合は自動的に復旧します。またシストレクラウドについても24時間の運用監視を行っており、障害が発生した場合にはすぐに対応できる体制となっています。

またシストレクラウドではSLA(サービスレベルの保証)を行っています。メンテナンスを除く取引可能な時間帯のサービスの稼働率が99.5%を下回った場合には、月額利用料の20%をお返ししています。

お問い合わせはこちらからどうぞ TEL 03-6457-9482 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP