総取引数は、テスト期間中、何回取引があったのかというトレード回数を表しています。データの信頼性の観点(統計学)からは、少なくとも数百件程度の取引があることが好ましいと考えられます。取引回数は、テストの信頼性を表す重要なポイントの一つです。