プロットファクターは、資金効率を確認するための指標です。
プロットファクターは、総利益÷総損失で計算します。1.0以上あれば合格と言われ、1.5~2.0あると優秀だと考えられます。

1.0を下回るものは、総損失が総利益よりも下回るという意味です。(つまり負け越してしまうということです)
また、あまり高すぎるものは、過剰に過去の取引データに合わせている(オーバーフィッティング)可能性があるため、注意が必要です。