Falcon GBPJPY 取引チャート

  • HOME »
  • Falcon GBPJPY 取引チャート


取引例1(順張りロジック、利益)


2019年5月22日21時、ゆるやかな下落トレンドの中、価格が移動平均線を上抜けして引けたタイミングでトレンド方向(順張り、売り)のエントリーを行っています。その後、22時過ぎに一定の利益を確保したタイミングで半量決済、翌23日3時過ぎにボリンジャーバンド(内側、下限)を下抜けしたタイミングで半量決済、9時過ぎにボリンジャーバンド(外側、下限)を下抜けしたタイミングで全量決済を行いました。


取引例2(順張りロジック、損失)


2019年4月15日22時、ゆるやかな上昇トレンドの中、価格が移動平均線を下抜けして引けたタイミングでトレンド方向(順張り、買い)のエントリーを行っています。その後価格が横ばいから下落に転じ、回復することがないままロスカットされました。


取引例3(逆張りロジック、利益)


2019年5月28日4時、直前の大きな変動から相場の動きが収束する中、価格がボリンジャーバンド(内側、上限)を超えて引けたタイミングでエントリ(逆張り、売り)を行っています。その後すぐに価格は下落に転じ、同じ足の中で移動平均線、ボリンジャーバンド(内側、下限)、ボリンジャーバンド(外側、下限)をそれぞれ下抜けしたタイミングで決済を行っています。


取引例4(逆張りロジック、損失)


2019年5月20日14時、直前の足がボリンジャーバンド(内側、下限)を下抜けして引けたタイミングでエントリ(逆張り、買い)を行っています。その後価格は下落しますが、相場の拡散を検知したことにより、早いタイミングで損切の決済を行っています。

PAGETOP