Falcon EURUSD 取引チャート

  • HOME »
  • Falcon EURUSD 取引チャート

具体的な取引の例1(利益)


2018年11月29日18:30頃、直前の足がボリンジャーバンドの+2σラインを超えて終了したところで、逆張り(売り)のエントリーを行っています。その後、19時15分の足で移動平均線に触れたところで1/3量決済、22時45分の足でボリンジャーバンドの-2σラインに触れたところで残りの半量決済(はじめの取引数量の1/3)、最後にボリンジャーバンドの-3σラインに触れたところで残りの全量決済を行っています。

具体的な取引の例2(損益)


2018年11月6日14:15頃、直前の足がボリンジャーバンドの+2σラインを超えて終了したところで逆張りの(売り)のエントリーを行っています。その後、予想に反して上昇が続き、15時15分の足で追加ポジション(ナンピン)のエントリーが行われています。16:15分の足で、移動平均線に触れたところで全量決済(ナンピンを含む)が行われています。当初のエントリーについては損失、追加で行われたナンピンについては利益、合計で損失となりました。

PAGETOP