EA詳細 MultiLogicShot_T2

  • HOME »
  • EA詳細 MultiLogicShot_T2

フォワードテスト結果

ここ1年1ヶ月で

  • 収益:-19,978円
  • 最大ドローダウン:-23.9万円(19.34%)
  • 推奨証拠金:109.7万円
  • ※取引数量0.1ロット(1万通貨)で運用

フォワードテストを開始した2018年4月から10月中旬までは概ね右肩上がりですが、その後11月2019年4月までは大きく損失を出しています。

相場の状況により収益が大きく異なるようですが、4月中旬からは回復の傾向にあるようです。2018年10月から2019年5月末まで約7カ月のフラット期間(継続中)があり、最大ドローダウンは1~3万通貨(ポンド円3万通貨、その他1万通貨)の取引に対して合計で239,772円(19.34%)です。

ただし、月次のPips収益を確認すると、2018年4月のフォワードテスト開始以降、全ての月でプラスとなっています。通貨ペアの取引数量の偏りにより、全体の収益がマイナスとなったこと等が考えられます。

取引の特徴

  • 最大ポジション数:2(1通貨ペアあたりの最大ポジション数)
  • 週末持越し:なし
  • 平均利益:+1,115円
  • 平均損失:-8,364円
  • 勝率:87.94%

このEAは3種類の通貨ペア(EURJPY, GBPJPY,AUDUSD)に対応して取引を行います。使用足時間は5分足です。TPは10 pips/SLは 70pipsの設定ですが、TPについては内部ロジックにより決済されます。

取引回数は3通貨ペアで月50~60回、ポジションの保有時間が平均で1.5~7時間程度です。 5分足を使用しているため、ポジションの保有時間は比較的短いようです。

相場が割安のタイミングで新規取引、割高となったタイミングで決済取引を行う逆張りタイプのロジックですので、比較的安定した相場に強く、大きく動く相場に弱い傾向があります。

相場が一方向に継続的に動く場合は大きな損失が出る可能性がありますので、一時的にEAの使用を停止するなどの工夫をすることにより収益を伸ばすことなどが考えられます。

このEAを運用するにあたっての注意点

運用資金30万円の場合、取引数量0.07ロット(7000通貨)での運用をおすすめします。この場合の最大リスク額は約-9万円(最大ドローダウン30%)となっています。

3種類の決済ロジックに対応するため、1回のエントリーのロット数は『設定ロット×3』となるためご注意ください。バックテスト結果から、0.1ロット(1万通貨)で運用した場合の最大ドローダウン額は約11.8万円となっています。

シストレクラウドでMultiLogicShot_T2を運用する場合は、それぞれの通貨ペア(EURJPY、GBPJPY、AUDUSD)を設定する必要があります。3つの通貨ペア全てをシストレクラウドで運用する場合の利用料は、月額1,080円(税込み)になります。運用資金に合わせて取引数量の変更をご希望の場合は、運用開始後にパラメータの変更を行ってください。

運用開始後の操作設定もかんたん

シストレクラウドを利用すると誰でも気軽にシストレを始めることができます。MT4やEAの設定、VPSのレンタルは不要です。

事前に準備するのは、MT4対応のFX口座とシストレクラウドで利用可能なEAのみ。

だからシストレがはじめての方やPCの操作が得意でない方でも安心です。スマホがあれば、取引数量の変更やEAの起動停止はもちろん、保有中のポジションや損益チャートもご確認頂けます。

※GogoJungle公式ページより一部抜粋

お問い合わせはこちらからどうぞ TEL 03-6457-9980 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

収益:-1.82%
(期間:1年1ヶ月)

購入価格:21,000円

PAGETOP